店長のつぶやき

ハト店長のつぶやき日記です。 釣果に新製品情報や釣り場にツアーと様々な話題が出てきます。 ぼやきも出てきますが、励ましてあげてください。 レア商品のセール情報も出てきますから、要注目です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

TM浮き

この浮きは良く竹下浮きと関係あるのか?と聞かれますが、全く関係ありません。 

この浮きの元になったのは田中浮き。  
この浮き、竹下浮きよりも高い。 
この浮きは、ある方がG杯全国大会で入賞した時に使っていた浮きです。 

特徴は足長カン付きブランコ。 

このブランコ部にガン玉を打つ事が出来ます。 


あとは……… 



ないかな? 




スポンサーサイト
釣具 | コメント:3 | トラックバック:0 |

竹下浮き

竹下浮きを初めて見た人は「感度が悪そう」と言います。 

感度については以前にも書いていますが、どの部分の感度なのでしょうか? 

浮力1号の浮きで鉛も付けずに浮きが沈まないから感度が悪いと言う事なのか? 

これは多分ないですよね。 


要は「余浮力」だと思います。 



竹下浮きは完全手作りですので、微妙に個性がある。
それは天然木を使って作る浮きの宿命です。 


これを均一にするには「練り玉」と言われるプラスチック成形であれば均一になるでしょう。 


しかし、浮きの浮力表示は場合によって変化すると私は思います。 


真水と海水では浮力に違いがあるのは皆さん、ご存知だと思います。

それは、海水に含まれる塩分によるもの。 

では、真水が流れ込む河口付近と、ずーっと日照りが続き、少し塩分濃度が高くなった海で、同じ浮きを使っても同じ浮力にはなりません。 

その釣り場の状況に合わせる事も必要ではないでしょうか? 


余談になりますが
入水時の抵抗は、円錐形の浮きが沈む時には、進行方向と反対に「カルマン渦」が発生します。これが沈もうとする浮きを引き戻すような形で働き、抵抗になるそうです。 


竹下浮きの場合、この渦が発生しないそうで、大学の研究室で分析してもらった結果が、円錐形の浮きが沈む抵抗に対して十分の一の抵抗だそうです。 



私も以前は円錐形の浮きを使っていました。新製品が出る度に買い集め、その数200個以上!(笑) 

全部、知り合いにあげました。  
中には高い浮きもありました。 

でも、竹下浮きに出会い、自分のスタイルを変える事で、今まで出会った事のないような魚と出会えました。 

これからも私は竹下浮きを使い続けると思います。 
私もまだまだ竹下浮きに入門して3年です。(笑) 

これからも竹下浮きの気持ちが少しでも理解出来るように頑張ります。(笑)
釣具 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。