店長のつぶやき

ハト店長のつぶやき日記です。 釣果に新製品情報や釣り場にツアーと様々な話題が出てきます。 ぼやきも出てきますが、励ましてあげてください。 レア商品のセール情報も出てきますから、要注目です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

ニワトリとタマゴ

良く例え話でニワトリとタマゴ、どっちが先か?みたいな話があります。

磯釣りでも「細仕掛け」と「太仕掛け」どっちが上達が早い?と考えた事ありますか?


私は以前、細い仕掛けでやっていました。

その頃、仕掛けを切られたりすると「腕が悪い」と思っていました。

確かに腕が悪いんですが、竹下ウキに変えてからは、その頃、手にする事が出来なかったような夢のようなサイズの魚と出会う事が出来ました。


当時の自分を振り返って思うのは、「何故、仕掛けを細くしていたのか?」と言う事です。


それは、当時ビデオの中で多くの有名な人達が、「仕掛けが細いほうが食わせ易い」と言っていたからだと思います。

ビデオの中の有名人は、その細い仕掛けで釣り、私は切られるので、腕が悪いとずっと思っていました。

でも、最近思う事はこの「腕」とは何か?と言う事です。

この腕の差は「経験値」の差ではないか?と思います。

細い仕掛けですぐに切られているのと、太い仕掛けでもやり取りの末、その魚を手にするのとでは、「経験値」と言う面から見れば大きな差があると思います。

太い仕掛けでも取った事のあるサイズの魚であれば、細い仕掛けで掛けた時でも、タックル強度をある程度予想しやすいと思います。

細い仕掛けと太い仕掛け、どちらが上達への近道なのか?
そのためには何が必要なのか?
何て事を最近は良く考えるようになりました。
スポンサーサイト
釣具 | コメント:3 | トラックバック:0 |

あれ?

昨日は全くログイン出来なかったのに何で?

mixiは全くもって問題なし…

機械オンチなんで意味が解りません。(笑)
釣具 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。