店長のつぶやき

ハト店長のつぶやき日記です。 釣果に新製品情報や釣り場にツアーと様々な話題が出てきます。 ぼやきも出てきますが、励ましてあげてください。 レア商品のセール情報も出てきますから、要注目です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

TM浮き

この浮きは良く竹下浮きと関係あるのか?と聞かれますが、全く関係ありません。 

この浮きの元になったのは田中浮き。  
この浮き、竹下浮きよりも高い。 
この浮きは、ある方がG杯全国大会で入賞した時に使っていた浮きです。 

特徴は足長カン付きブランコ。 

このブランコ部にガン玉を打つ事が出来ます。 


あとは……… 



ないかな? 




スポンサーサイト
釣具 | コメント:3 | トラックバック:0 |

竹下浮き

竹下浮きを初めて見た人は「感度が悪そう」と言います。 

感度については以前にも書いていますが、どの部分の感度なのでしょうか? 

浮力1号の浮きで鉛も付けずに浮きが沈まないから感度が悪いと言う事なのか? 

これは多分ないですよね。 


要は「余浮力」だと思います。 



竹下浮きは完全手作りですので、微妙に個性がある。
それは天然木を使って作る浮きの宿命です。 


これを均一にするには「練り玉」と言われるプラスチック成形であれば均一になるでしょう。 


しかし、浮きの浮力表示は場合によって変化すると私は思います。 


真水と海水では浮力に違いがあるのは皆さん、ご存知だと思います。

それは、海水に含まれる塩分によるもの。 

では、真水が流れ込む河口付近と、ずーっと日照りが続き、少し塩分濃度が高くなった海で、同じ浮きを使っても同じ浮力にはなりません。 

その釣り場の状況に合わせる事も必要ではないでしょうか? 


余談になりますが
入水時の抵抗は、円錐形の浮きが沈む時には、進行方向と反対に「カルマン渦」が発生します。これが沈もうとする浮きを引き戻すような形で働き、抵抗になるそうです。 


竹下浮きの場合、この渦が発生しないそうで、大学の研究室で分析してもらった結果が、円錐形の浮きが沈む抵抗に対して十分の一の抵抗だそうです。 



私も以前は円錐形の浮きを使っていました。新製品が出る度に買い集め、その数200個以上!(笑) 

全部、知り合いにあげました。  
中には高い浮きもありました。 

でも、竹下浮きに出会い、自分のスタイルを変える事で、今まで出会った事のないような魚と出会えました。 

これからも私は竹下浮きを使い続けると思います。 
私もまだまだ竹下浮きに入門して3年です。(笑) 

これからも竹下浮きの気持ちが少しでも理解出来るように頑張ります。(笑)
釣具 | コメント:0 | トラックバック:0 |

竹下浮き

ちょっと時間が開いてしまいましたが、今回は竹下浮きの長さについてです。 


手作り竹下浮きでは10センチから作る事が出来ます。 

グレ、チヌ共に一番良く使われているのは14センチだと思います。 
私も14センチを一番良く使います。 

グレだと00から0を良く使います。 
チヌでは3Bから7Bくらいを良く使います。 

長さについてですが、14センチから18センチまでを状況により使い分けますが、その日、風が強ければ喫水線が同じなので18センチの長さが足が長く、道糸が少し深く入りますから浮きが風に流されず安定します。 

また、遠投する時は長いほうが自重があり遠投もラクです。 


14センチでも、ノーマルとど遠投とでは、ボディのソロバン型の部分がど遠投タイプが若干太くなっていますから風がそれほど強くなければ遠投も効きます。 

潮受け部は一番最初の頃の竹下浮きにはありませんでした。 


竹下浮きは竹下名人が長年の釣りで使い続け、進化し続けてきました。 

バンガード竹下浮きはこの潮受け部がありません。 
この事で、手作りと比較すると頭が多少振れます。 あくまでも手作りと比較してですので、気にしなければ良いのですが、喰いの渋い時には魚が違和感を感じるかも知れませんね。 


長くなりましたので今回はここまでにします。 

次回は抵抗についてです。(笑)
釣具 | コメント:1 | トラックバック:0 |

お問い合わせ

先日、竹下浮きのお問い合わせを頂きましたので、何回かに分けて私なりの意見と言うか感想と言うかを書いてみたいと思います。 


まずは、ミレニアムから。 


これは私も詳しい訳ではありませんが、バンガード竹下浮きを出す前に発売された浮きです。 

作ったのは国内ですが、技術がなく、苦肉の策でステンのシャフトで作ったようです。 
その為、手作り竹下浮きとはバランスなどが若干違うようです。 

使った感想もバランスの違いが若干感じられます。 
シャフトがステン材で細く、潮受けの面ではその差は大きくなります。 

これは、あくまでも比較対象を手作り竹下浮きとして考えていますので、峯浮きのような足の細い浮きと比較した場合はまた違うと思います。 

現在、ミレニアムは製造中止となり、在庫も少なくなっています。
釣具 | コメント:2 | トラックバック:0 |

て、天誅?

20080327102602
昨日、磯釣りに出掛けて捻挫しました。 


軽く考えていましたが、今日、病院に行って診察してもらうと…



靭帯損傷の結構重症のようです。 


今日はギプスがしっかりと固まるまで良い子にしていなければならず…



やってしまいました。(笑)
釣具 | コメント:2 | トラックバック:0 |

天誅!です

20080325184911
これ、焼酎です。 


呑めない私に何故か? 



頂き物です。(笑) 


天誅!を下したい人にでもプレゼントしますかね?(笑) 



今日は子供と釣りに行く予定でしたが雨のため中止です。


明日、行く事にしました。(笑)


明日はボッコ釣りかな?(笑)
釣具 | コメント:3 | トラックバック:0 |

チヌ釣り

今日は朝から大社でチヌ釣り!


気合い充分、天気も良好!


でも、結果は?



惨敗!


チヌ釣りは難しかぁーっ!


チヌの気持ちが、いっちょん解らんばい。


明日はまた違う釣りでもやるたい。(笑)
釣具 | コメント:12 | トラックバック:0 |

ニワトリとタマゴ

良く例え話でニワトリとタマゴ、どっちが先か?みたいな話があります。

磯釣りでも「細仕掛け」と「太仕掛け」どっちが上達が早い?と考えた事ありますか?


私は以前、細い仕掛けでやっていました。

その頃、仕掛けを切られたりすると「腕が悪い」と思っていました。

確かに腕が悪いんですが、竹下ウキに変えてからは、その頃、手にする事が出来なかったような夢のようなサイズの魚と出会う事が出来ました。


当時の自分を振り返って思うのは、「何故、仕掛けを細くしていたのか?」と言う事です。


それは、当時ビデオの中で多くの有名な人達が、「仕掛けが細いほうが食わせ易い」と言っていたからだと思います。

ビデオの中の有名人は、その細い仕掛けで釣り、私は切られるので、腕が悪いとずっと思っていました。

でも、最近思う事はこの「腕」とは何か?と言う事です。

この腕の差は「経験値」の差ではないか?と思います。

細い仕掛けですぐに切られているのと、太い仕掛けでもやり取りの末、その魚を手にするのとでは、「経験値」と言う面から見れば大きな差があると思います。

太い仕掛けでも取った事のあるサイズの魚であれば、細い仕掛けで掛けた時でも、タックル強度をある程度予想しやすいと思います。

細い仕掛けと太い仕掛け、どちらが上達への近道なのか?
そのためには何が必要なのか?
何て事を最近は良く考えるようになりました。
釣具 | コメント:3 | トラックバック:0 |

あれ?

昨日は全くログイン出来なかったのに何で?

mixiは全くもって問題なし…

機械オンチなんで意味が解りません。(笑)
釣具 | コメント:0 | トラックバック:0 |

しばらくお休みです

携帯からの更新が出来なくなりました。
原因は不明・・・
しばらくお休み致します。
スミマセン・・・
釣具 | コメント:0 | トラックバック:0 |

今年最初の…

20080310193708
今日は今年最初のチヌ釣り!

竹下名人とご一緒する予定でしたが、名人に急用ができ、急遽一人での釣りとなりましたが、天気予報がハズレて時化模様。
大社の沖防での釣りとなりました。

結果は40チョットのチヌが一枚。
まあ、今年最初のチヌ釣りで狙いのチヌが一枚でも釣れたので、満足な一日でした。(笑)
釣具 | コメント:4 | トラックバック:0 |

ヒ、ヒジが…

2月の初めくらいから痛み出した右ヒジ…
先日の五島列島でも痛くてマキ餌を撒くのにも苦労しましたが、更に痛みがバージョンアップ!

これからチヌがシーズンインするのにどうしよう?

周りの人は糖尿だ、痛風だ、腱鞘炎だと好きな事を言ってくれます…

病院に行ってもレントゲン撮って、骨には異常ないですねなんて言われて終わりのような気がする。

どうするかは明日、竹下名人にチヌ釣りに誘われてあるので、その後考えます。
釣具 | コメント:2 | トラックバック:0 |

反省会

先日の五島列島から早くも一週間が過ぎようとしている。

毎回、ツアーが終わると、お店に来たツアー参加者や参加してない人も含め、「反省会」が何度も開かれます。
何処に上がって潮がどうで、どうやったら釣れたとかこうしてみれば良かったかも?とか行った人も行かなかった人もワイワイと楽しいひとときです。(笑)

でも、毎回思うのですが、私を始め竹下浮きを使っている人の話を聞いても竹下浮きを使っていない人には理解出来ない事もあるようです。

皆さんがいる時には聞きにくいのか後からこそっと「どう言う事?」と聞かれる事もしばしば…

でも、竹下浮きでなければ同じようにやっても同じにはならないと思います。

今回も並んで釣って辛酸を舐めた方が何人もいます。
竹下浮きの使い方はまさに十人十色。その話を聞くだけで自分の少なかった引き出しはどんどんと増えました。

今回もまた、一つ引き出しを見つけました。(笑)
釣具 | コメント:3 | トラックバック:0 |

五島列島に行って来ました!

20080303220716
五島列島に行って来ました!

途中、時化て波高3メートルの中、激揺れしながら爆走する船。

波頭からジャンプして落ちる時は身体が宙に浮き、遊園地の絶叫マシーンよりも遥かに怖い!


過去最高の船酔い者を出しながらも何とか釣りました。

北西の風で水温も少し下がったようで、かなりタナは深い。


6ヒロくらい入れた所から引きずり出した今回の最大寸は50センチに僅かに届かず…

画像は48、5センチと46、7センチ。

なかなか50センチは超えられない壁ですね。
釣具 | コメント:2 | トラックバック:0 |

帰り道で

200803030824042
20080303082404
昨日の夜、五島列島から帰ってきました。

帰り道に寄った日原でこんな猫を見つけました。

写メを撮ったらポーズを決めてくれました。(笑)
釣具 | コメント:2 | トラックバック:0 |
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。