店長のつぶやき

ハト店長のつぶやき日記です。 釣果に新製品情報や釣り場にツアーと様々な話題が出てきます。 ぼやきも出てきますが、励ましてあげてください。 レア商品のセール情報も出てきますから、要注目です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

仕掛けの太さ

今、磯釣りの番組で道糸2号以下を使っている人が殆んどですが、何故?と考えた事はありますか?

この問に色々な理由、理屈を説明してくれる方がいますが、それは番組の中で言われている事ばかりです。
答えは意外に簡単!使っているウキが円錐ウキだから。(笑)

私がフカセ釣りを始めた頃、円錐ウキは『固定仕掛け』で使うモノでした。『遊動仕掛け』にする時には、水中ウキを使う事が当たり前でした。当時の名人と呼ばれる方たちはビデオの中で、一番肝心な事をキチンと説明してくれていました。
それは、そうしなければ仕掛けをタナまで入れる事が出来ないと言う事です。(笑)

円錐ウキはウキの中をラインが通る訳ですが、陸上では問題はなくてもウキ内部のパイプに水が入った状態で、完全フカセに近い軽い現在の仕掛けをタナまで送り込むには、2号以上だと送り込めない!と言うべきところを説明しないから間違った認識をする人も出てきます。
水中ウキを使っていた頃は今よりも仕掛けは太くてもグレは釣れました。

私も円錐ウキの頃は道糸2号以下でしたが、今は3号です。それはウキが違います。


細くする必要がないんです。3号でも仕掛けはタナまで入るし、円錐ウキの頃よりも釣れる魚の数もサイズもずっと良くなってます。(笑)

以前、使っていた円錐ウキは200個くらいありましたがみんな子供たちにあげました。(笑)
フカセ釣りをシンプルに、簡単に考える事ができます。使い方も簡単。
長くなりましたが竹下ウキはそんなウキです。


スポンサーサイト
釣具 | コメント:5 | トラックバック:0 |
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。